教育の情報化、学校ICTの情報を提供するサイトです。

トップページ > 記事一覧(月別) > 2018年2月の情報セキュリティニュース

情報セキュリティニュース

【東京都】高等学校、生徒185人分の個人情報を含む教務手帳を紛失

2018年2月26日、東京都の高等学校の教諭が、
生徒185人分の個人情報を記載した教務手帳を紛失していたことがわかった。

退勤時には、保有している個人情報等は施錠した保管庫に
保管しなければならないと定めているにもかかわらず、
教諭は教務手帳を自席に置いたまま学校を出てしまったという。

教務手帳には、生徒185人分の学級、出席番号、氏名などのほかに
同185人中57人の定期考査素点が記載されていた。
同校では、USBメモリの校外への持ち出しは禁止していた。

【愛知県】市立保育園、園児の写真入りSDカード紛失

2018年2月23日、愛知県の市立保育園で、
園児の写真入りSDカード3枚を紛失していたことがわかった。

保育士がSDカードを保育室のオルガンの上に置いておいたところ、
約4時間後になくなっていることに気付いたという。

園には147人の園児が在籍しており、SDカードには
遠足などの際に撮影した写真約1,000枚が保存されていた。

【北海道】市立中学校、生徒4人分の家庭環境調査票を紛失

2018年2月22日、北海道の市立中学校で、教諭が生徒4人分の
個人情報を記載した家庭環境調査書を紛失していたことがわかった。

教諭は生徒宅を家庭訪問した際に、家庭環境調査書4人分を落としたという。
うち2人分を近くの住民が拾って22日学校に届けたことで紛失が発覚。
残る2人分も職員が捜索して見つけたという。

家庭環境調査書には、生徒および保護者の名前、住所などが記載されていた。

【石川県】市立小学校、児童26人分の成績を記した書類などが盗まれる

2018年2月20日、石川県の市立小学校の職員が、
児童26人分の個人情報を記録した書類などの盗難に遭ったことがわかった。

教員は、自宅駐車場に停めてあった乗用車の窓ガラスが割られ、
仕事用のリュックが盗まれていることに気付いた。

リュックの中には、各教科の評価や小テストの点数を手書きした名簿2枚と、
児童の写真約30枚を記録したタブレット端末が入っていたという。

【大阪府】市立大学、メール誤送信により学生58人の個人情報を漏えい

2018年2月16日、大阪府の市立大学の職員が、
電子メールを誤送信したことにより、
学生58人分の個人情報が漏えいしたことがわかった。

職員が大学の卒業生や学生に対して、メールを送信する際、
本来Bccにメールアドレスを入力すべきところ、
誤ってToに入力して送信したことから、個人情報が漏えいしたという。

【長野県】学童保育所、児童約40人分の個人情報を含む名簿盗まれる

2018年2月14日、長野県の学童保育所で、
児童約40人分の個人情報を記載した書類が盗難に遭ったことがわかった。

職員が出勤すると、事務所のドアが壊され金庫などが盗まれていた。

金庫には現金のほかに、施設を利用している児童約40人の
名前、住所、保護者名などが書かれている名簿などが入っていたという。

【神奈川県】市立中学校、生徒1人分の健康手帳を紛失

2018年2月13日、神奈川県の市立中学校で、
生徒1人分の健康手帳を紛失していたことがわかった。

健康手帳には、健康診断記録、治療勧告、学校感染症・疾病等の連絡が記載されていた。

担任教諭が生徒から受け取った健康手帳を養護教諭の机に置いたが、
後日、養護教諭が健康手帳の整理をしたところ、
当該生徒の健康手帳がないことに気付いたという。

養護教諭が不要な書類を廃棄する際、誤って破棄してしまった可能性が高いという。

【神奈川県】県立特別支援学校、生徒4人分の個別教育計画を紛失

2018年2月13日、神奈川県の県立特別支援学校の教諭が、
生徒4人分の個別教育計画を置き忘れて紛失していたことがわかった。

教諭は、自宅で資料作成を行うため、個別教育計画のデータを
プリントアウトした文書を荷物に入れて持ち出した。

荷物を電車の網棚に乗せたまま下車してしまい、文書ごと置き忘れてしまったという。

文書には、児童の日常生活の様子や年間目標、評価、総合所見、
学部学年クラス、記入者名が記載されているが、児童氏名は記入されていないという。

【熊本県】市立小学校、児童5人分の通知表データ入りUSBメモリを紛失

2018年2月9日、熊本県の市立小学校の臨時講師が、
児童5人分の個人情報を記録した書類を紛失していたことがわかった。

講師は、職員室での作業後にUSBメモリを保管庫に返却し忘れ、
再び使用しようとしたところ紛失に気付いたという。

USBメモリには、児童の氏名や出席記録、身長、体重、
通知表データなどが記載されていたという。

【長野県】県立高等学校、生徒47人の個人情報を含むUSBメモリの紛失

2018年2月8日、長野県の県立高等学校の教諭が、生徒47人分の個人情報を
記録した私物USBメモリを紛失していたことがわかった。

教諭は、自宅で仕事をするために生徒の個人情報が含まれる
USBメモリを持ち出したところ、帰宅後に紛失に気付いたという。

USBメモリには、生徒40人分の名前とそのうち数人分の家庭状況、
および前任校の生徒7人分の生徒指導に係る資料などが含まれていたという。

【大阪府】府立高等学校、生徒の写真データ入り私物USBメモリの紛失

2018年2月5日、大阪府の府立高等学校の教員が、
生徒の写真データを記録した私物USBメモリを紛失していたことがわかった。

教員は、5限目の授業で使用する写真データを生徒用パソコンへコピーしようとしたが、
上手くいなかったため、私物のUSBメモリを用いてコピーをした。

5限目終了後の休み時間にUSBメモリを卓上に置いて作業を行っていたが、
6限目開始前に紛失していることに気付き、生徒とともに探したが見つからなかったという。

【大阪府】府立高等学校、生徒の個人情報を含む書類の紛失

2018年2月5日、大阪府の府立高等学校で、
生徒の個人情報を記載した記録簿を紛失していたことがわかった。

教員が授業で記録簿を使用した後に行方が分からなくなり、
その後、校内を探したが見つからなかったという。

記録簿には、生徒約150人分の成績情報やプリント提出状況、
氏名などの個人情報が記載されていた。

【愛媛県】市立中学校、生徒114人分の個人情報を含む書類の紛失

2018年2月5日、愛媛県の市立中学校での教諭が、
生徒114人分の個人情報を記載した書類を紛失していたことがわかった。

教諭は、帰宅後に外出した先で、生徒の成績、教職員の名前や電話番号などが
記載された書類が入ったカバンを紛失したという。

規定では、個人情報を学校外に持ち出すことは禁止されていたという。

【大阪府】府立特別支援学校、誤送信により保護者76人のアドレス流出

2018年2月5日、大阪府の府立特別支援学校で、
教頭が電子メールを誤送信し、
保護者76人分のメールアドレスが流出していたことがわかった。

通常BCCの宛先で送るべきところを、
誤ってCCに保護者のアドレスを記載して送ってしまったという。

【宮崎県】市内小学校、児童33人分の個人情報を含むUSBメモリの紛失

2018年2月5日、宮崎県の市内小学校の教諭が、
児童33人分の個人情報を記録したUSBメモリを紛失していたことがわかった。

教諭は、職員室で保管されているUSBメモリを使用した後、
返却したか記憶がないと話しており、
別の教諭が使おうとしたときに紛失に気付いたという。

USBメモリには、児童の名前や成績、身体測定の結果などの情報が記録されていた。

【大阪府】私立大学、学生1,070人の個人情報を含むUSBメモリの紛失

2018年2月3日、大阪府の私立大学の教員が、
学生1,070人分の個人情報を記録した私物USBメモリを紛失していたことがわかった。

USBメモリには、学生の氏名や学生番号、出欠情報、一部科目の成績評価が記録されており、
成績のみにパスワードロックを設定していたという。

教員が学内でUSBメモリを使用して作業を行った翌日に出勤した際に紛失に気付いたという。

【神奈川県】市立中学校、生徒1人分の就学援助費交付申請書を誤配布

2018年2月1日、神奈川県の市立中学校で、
生徒1人分の就学援助費交付申請書を誤配布していたことがわかった。

担任教諭が窓付きの封筒に入った申請書を誤って別の生徒に配布し、
誤配布を受けた生徒の保護者から連絡があり、発覚したという。

申請書には、生徒と保護者の氏名、振込先の金融機関名と口座名義などが記載されていた。