教育の情報化、学校ICTの情報を提供するサイトです。

トップページ > 記事一覧(月別) > 2017年11月の情報セキュリティニュース

情報セキュリティニュース

【島根県】町立中学校 生徒2人分の個人情報を含む書類流出

2017年11月29日、島根県の町立中学校で、
生徒2人分の個人情報を含む書類を誤配布していたことがわかった。

教諭が生徒の個人情報を含む町教委の報告書を校内で印刷。
別の教諭が印刷した生徒への配布物に紛れ込み、そのまま2人の生徒が持ち帰ったという。

【埼玉県】市立中学校 生徒の身体測定データ入りUSBメモリの紛失

2017年11月24日、埼玉県の市立中学校の教諭が、
全校生徒数百人分の身体測定データを記録したUSBメモリを紛失していたことがわかった。

教諭は、自宅で資料を作成するためにUSBメモリを校外に持ち出し、
後日、校内で作業をしようとしたところ紛失に気付いたという。

個人情報を校外に持ち出す際は校長の許可を得ることになっているが、
教諭は手続きを行っていなかったという。

【北海道】公立大学 学生3,000人分の個人情報入りノートパソコン紛失

2017年11月22日、北海道の公立大学の教員が、学生3,000人分の
個人情報が入ったノートパソコンを校外に置き忘れて紛失していたことがわかった。

教員は、出張の際に利用した空港の待合室にパソコンを置いたまま電話をかけ、
そのまま置き忘れてしまったという。

パソコンには学生約3,000人分の成績や顔写真などのデータと
学生1人分の論文データが含まれていた。

大学管理のパソコンを持ち出す際は承認を得ることになっているが、
教員は手続きを行っていなかったという。

【東京都】都立高等学校 278人分の個人情報を含む教務手帳を一時紛失

2017年11月22日、東京都の都立高等学校で、
教諭が生徒278人分の個人情報を記載した教務手帳を一時紛失していたことがわかった。

同年6月2日に教室の机上に教務手帳を放置し、6月12日までの間、一時紛失していたという。

教務手帳には、生徒の氏名、定期考査の素点等の個人情報が記載されていたという。

【大阪府】市立中学校 生徒190人分の生徒名一覧表を紛失

2017年11月20日、大阪府の市立中学校で、教員が生徒190人分の
個人情報が記載された生徒名一覧表を紛失していたことがわかった。

教員は、校外学習での指導の際に、生徒の活動班を確認するための一覧表を持ち歩いており、
校外学習先にて紛失したという。

一覧表には、生徒名、学年、クラス、出席番号、課外学習における係名が記載されていたという。

【東京都】区立こども園 園児の画像入りデジタルカメラ紛失

2017年11月16日、東京都の区立こども園で、
園児34人分の画像が記録されたデジタルカメラを紛失していたことがわかった。

11月7日、こども園の職員が充電のために保育室の棚にカメラを置いた後、
カメラの所在が分からなくなっている。

カメラには、園児の画像が保存されたSDカードが含まれるという。

【宮城県】県立高等学校 生徒80人分の個人情報を含む生徒名簿流出

2017年11月10日、宮城県の県立高等学校で、
生徒80人分の個人情報が記載された生徒名簿が流出していたことがわかった。

9月以降に、学校の周辺や市内の路上、近隣の市などで、
放置されている生徒名簿と写真帳のコピーが相次いで見つかったという。

名簿と写真帳は、全教職員が職員室の鍵付きの机で保管しており、
事案発生後にそれぞれ確認したが、書類の紛失はないという。

これまでに見つかった名簿には、生徒の氏名、住所、電話番号、
生年月日、出身中学、保護者氏名などが書かれていた。

【滋賀県】県立高等学校 採点済み答案用紙2人分を紛失

2017年11月9日、滋賀県の県立高等学校で、
昨年6月に行った期末試験の答案用紙を紛失していたことがわかった。

紛失した答案は返却日に欠席した生徒2名のもので、いずれも採点済みだった。
別の日に教諭が2人へ答案を返却しようとした際、答案がなくなっていることに気付いたという。