教育の情報化、学校ICTの情報を提供するサイトです。

トップページ > 記事一覧(月別) > 2016年11月の情報セキュリティニュース

情報セキュリティニュース

【岐阜県】県立高等学校 生徒40人分の家庭調査票を紛失

2016年11月22日、岐阜県の県立高等学校で、生徒の個人情報が書かれた書類40人分を
紛失していたことがわかった。

この書類には、生徒の氏名や生年月日、保護者の氏名、現住所、
緊急連絡先などが書かれていたほか、生徒の写真も添付されていた。

書類は1学級分が1冊のファイルに閉じられていた。
今年6月、教諭がファイルを使用した後、保管場所へ返却した。
ファイルの保管場所は施錠されていなかった。

後日、ファイルがなくなっていることに気付いたが、今月まで管理職に報告していなかったという。

【香川県】放課後児童クラブ 児童の個人情報入りUSBメモリを紛失

2016年11月21日、香川県の放課後児童クラブで、USBメモリの紛失があったことがわかった。
USBメモリには、児童211人の氏名や生年月日、保護者の氏名などが保存されていた。

職員がUSBメモリを使用後、室内に置き忘れた。
後日、USBメモリがなくなっていることに気付いたという。

【神奈川県】市立保育園 自転車のかごから名簿盗まれる

2016年11月18日、神奈川県の市立保育園の職員が園児の名簿を盗まれていたことがわかった。

名簿には、園児155人分の氏名や生年月日、性別、兄弟関係、クラス名などが記載されていた。

職員は自転車で帰宅する途中、児童クラブへ立ち寄った。
自身の子供を迎えに行き、自転車置き場へ戻ってみると、止めていた自転車のかごから名簿を入れた手提げ袋が盗まれてることに気付いたという。
職員は名簿を無断で持ち出していた。

【福岡県】市立小学校 校外学習でデジタルカメラを紛失

2016年11月18日、福岡県の市立小学校の講師が、児童を撮影したデジタルカメラを
校外学習中に紛失していたことがわかった。

カメラには約30枚の写真データが記録されていた。
31人の児童が写っており、名札を付けている児童もいたという。

【大阪府】私立大学 学生名簿を配送中に紛失

2016年11月14日、大阪府の私立大学の学生名簿が、
配送中に所在不明になっていたことがわかった。
名簿には、学生98人分の氏名や住所、電話番号などが記載されていた。

大学は物流会社に名簿の配送を依頼していたが、物流会社は配送の途中で名簿を紛失したという。

【群馬県】私立大学 学生230人分の進路状況調査票を紛失

2016年11月11日、私立大学に通う学生230人分の
進路状況調査票が所在不明になっていることがわかった。

この調査票には、学生の氏名や内定先の企業名などが書かれていた。
群馬県内のキャンパスで厳重に保管されていたが、
9月に調査票を利用しようとした職員が紛失に気付いた。
同大では盗難の可能性もあるとして、警察に被害届を提出したという。

【大阪府】府立高等学校 出席簿など、個人情報書類を相次いで紛失

2016年11月11日、大阪府の府立高等学校で、生徒出席簿などの個人情報を記載した書類を
相次いで紛失していたことがわかった。

1クラス38名分の出席簿と5名分の修学旅行参加承諾書が所在不明になっており、校内を捜索したが見つかっていないという。

出席簿には、生徒の氏名や性別、出欠状況などが記載されていた。
修学旅行参加承諾書には、生徒と保護者の氏名、緊急連絡先などが記載されていた。

【香川県】市立中学校 1学級分の家庭連絡票を紛失

2016年11月10日、香川県の市立中学校で、1学級生徒33人分の
個人情報が書かれた書類の紛失があったことがわかった。

この書類には、生徒の氏名や住所、緊急連絡先などが書かれていた。
担任が管理していたが、使用した翌日に紛失した。
後日、学校から離れた路上に4人分の書類が落ちているのが見つかったという。

【神奈川県】市立小学校 児童の健康診断票を紛失。転校後に誤廃棄か

2016年11月8日、神奈川県の市立小学校で、児童1人の健康診断票を紛失していたことがわかった。

健康診断票には、児童の氏名、性別、生年月日のほか、身長、体重、座高などの健康診断の結果が記載されていた。

紛失した健康診断表は昨年転校して来た児童のもので、転校後の学校で誤って廃棄した可能性があるという。

【奈良県】私立中学校・高等学校 休校期間中にUSBメモリが盗まれる

2016年11月8日、奈良県の私立中学校・高等学校で、教諭の私物USBメモリが盗まれていたことがわかった。
職員室内が物色された痕跡があり、何者かが休校期間中にUSBメモリを持ち出した可能性が高いという。
USBメモリには、生徒222人の名前や成績情報が保存されていた。パスワードの設定はされていなかったという。

【神奈川県】市立高校7校と特別支援学校11校の経理関係書類を紛失

2016年11月7日、神奈川県内の市立高等学校7校と特別支援学校11校の経理関係書類が所在不明となっていることがわかった。

この書類には、児童・生徒24人分の学年、組、氏名、保護者名などが記載されていた。
市教育委員会は、総務課が各学校に返却せずに紛失したと発表した。
文書を整理した際に、誤って廃棄した可能性があるという。

【愛知県】市内小学校 車上荒らしで成績資料盗まれる

2016年11月4日、愛知県の市内小学校の教諭が車上荒らしの被害に遭い、
児童22人分の成績が書かれた資料が盗まれていたことがわかった。

教諭は市内の飲食店で食事をしている間に、車上荒らしに遭った。
駐車していた車の窓ガラスが割られ、成績資料を入れたリュックサックごと盗まれたという。
個人情報を含む文書は、校内から持ち出すことが禁止されていた。

【岐阜県】県立特別支援学校 生徒の個人情報ファイル1冊を紛失

2016年11月1日、岐阜県の県立特別支援学校の教諭が、
生徒の個人情報を記載したファイルを紛失していたことがわかった。

ファイルは使用した日に所定の保管場所へ戻すことになっていたが、
教諭は9月中旬にファイルを使用し、自身の机の引き出しに保管していた。
その後、10月中旬になって紛失が発覚した。
このファイルには、生徒の氏名や家庭状況などがまとめられていたという。

【大阪府】市立中学校 生徒1,054人分の成績情報入りUSBメモリを紛失

2016年11月1日、大阪府の市立中学校の教諭が、生徒1,054人分の個人情報を記録した私物USBメモリを紛失していたことがわかった。

教諭は校内でUSBメモリを使用して作業をした。その後、再度USBメモリを使用しようとしたところ、USBメモリが見当たらないことに気付いたという。

USBメモリには、卒業生や在校生の名前や成績、進路希望先などの情報が保存されていた。
一部のファイルにはパスワードの設定がされていたという。市では、私物USBメモリの使用を禁止している。

【大阪府】市立中学校 生徒34人分の家庭連絡票を紛失

2016年11月1日、大阪府の市立中学校で、生徒34人分の個人情報が記載された家庭連絡票を紛失していたことがわかった。
家庭連絡票には、生徒の氏名や住所、緊急連絡先、家族構成などが記載されていた。
教員が家庭へ連絡するために使用しようとした際、家庭連絡票がなくなっていることが発覚した。
個人情報は鍵のかかる場所で保管することになっていたが、家庭連絡票はロッカーで施錠せずに保管されていたという。