教育の情報化、学校ICTの情報を提供するサイトです。

トップページ > 記事一覧(月別) > 2016年10月の情報セキュリティニュース

情報セキュリティニュース

【兵庫県】市立中学校 生徒51人分の奨学金情報が外部に流出

2016年10月29日、兵庫県の市立中学校に通う生徒の個人情報が、
外部に流出していたことがわかった。

流出したのは奨学金応募のために必要な情報をまとめたリストで、
生徒51人の氏名や成績、保護者の年収などが記載されていた。
リストが複数の報道機関に郵送されたことから、流出が発覚した。

このリストは市の中学校長会がまとめていたものだったが、
流出した原因はわかっていないという。

【神奈川県】市立中学校 生徒895人の個人情報入りUSBメモリを紛失

2016年10月28日、神奈川県の市立中学校の職員が、
全校生徒の個人情報を保存した公用のUSBメモリを紛失していたことがわかった。

この職員は研修へ向かう際、USBメモリを筆箱に入れて持ち出した。
研修先で紛失していることに気付いたという。

USBメモリには、生徒895人分の学年、学級、氏名などのデータが保存されていた。
パスワードは設定されていなかったという。

【大阪府】市立小学校 教務必携を教室内で紛失

2016年10月24日、大阪府の市立小学校の教員が、
教務必携を教室に持ち込み、紛失していたことがわかった。

教務必携には、児童の名前やテストの点数、
学級活動の記録、所見などが記載されていたという。

【岡山県】私立大学 学生の重要書類、誤って焼却処分か

2016年10月20日、岡山県の私立大学で、
学生4人分の個人情報を記載した書類の紛失があったことがわかった。

書類には、学生の氏名や成績情報などが書かれていた。
担当教員が、誤って不要な書類とともに焼却処分した可能性が高いという。

【大阪府】国立大学 試験答案を自宅に持ち帰り紛失

2016年10月18日、大阪府の国立大学の教授が、
試験の答案や授業の出欠表を無断で自宅に持ち帰り、紛失していたことがわかった。
出欠表には、学生48人分の氏名や評点が記載されていたという。

【東京都】区立小学校 かばん盗まれ、テスト点数資料を紛失

2016年10月14日、東京都の区立小学校の教諭が、
児童約400人分の個人情報を含む書類を盗まれていたことがわかった。

教師は帰宅途中、自転車のかごに入れていたかばんを盗まれた。
かばんには児童の名前が書かれたプリントや、
テストの点数が書かれた資料などが入っていた。

資料は学校から持ち出すことが禁止されていたという。

【千葉県】県立特別支援学校 車上荒らしで書類など盗まれる

2016年10月14日、千葉県の県立特別支援学校の教諭が車上荒らしに遭い、
私物のUSBメモリやパソコンを盗まれていたことがわかった。

教諭は帰宅途中に買い物をしている間に車上荒らしに遭い、
USBメモリやパソコンを入れたカバンが盗まれた。
USBメモリとパソコンには、児童の指導計画や活動記録、
写真などが保存されていた。

私物USBメモリで個人情報を保管したり、校外へ無断で持ち出したりすることは、
禁止されていたという。

【富山県】国立大学 ウイルス感染し、約1,490人の個人情報が流出

2016年10月10日、富山県の国立大学の施設が標的型攻撃を受け、
学生など約1,490人の個人情報や研究データが外部へ流出していたことがわかった。

昨年11月、複数の大学関係者に対してウイルスを含むファイル付きのメールが送られた。
このファイルを開いたパソコン1台がウイルスに感染し、遠隔操作されたり、
不正な通信が行われたりしたという。

今年6月になって、外部期間から不審な通信について指摘があり、情報漏えいが発覚した。

【東京都】私立大学 学生の個人情報含むメールを誤送信

2016年10月7日、東京都の私立大学で、
学生の個人情報を含むメールが、誤ってほかの学生へ
送信されていたことがわかった。

このメールには、学生の氏名や学籍番号、所属情報などが
記載されたファイルが添付されていた。
ファイルには、パスワードが設定されていたという。

【兵庫県】私立大学 偽サイトに騙され、1,466人分の個人情報が流出

2016年10月7日、兵庫県の私立大学で、外部からの不正アクセスによる
個人情報の流出があったことがわかった。

学生や卒業生など、1,466人の氏名や生年月日、住所、電話番号などが流出した。
8月下旬、大学関係者を装ったメールが複数の大学職員あてに送信された。
メールには学内サイトに似せたフィッシングサイトのURLが記載されており、
数名の職員がIDとパスワードを盗み取られた。

9月上旬、職員のメールアドレスから不審なメールが大量に送信されていたことが発覚し、
調査したところ、個人情報を含むファイルが何者かにダウンロードされていたことがわかったという。

【大阪府】府立特別支援学校 修学旅行で個人情報書類を紛失

2016年10月5日、大阪府の府立特別支援学校の教員が、
生徒44人分の氏名や保護者の電話番号が書かれた資料を
修学旅行中に紛失していたことがわかった。

教員はトイレの個室で、荷物置き場に資料を置き忘れた。
業者が清掃した際には、すでに資料はなくなっていたという。

【福島県】教育事務所で児童37人の作品を誤廃棄か

2016年10月4日、福島県の県教育事務所で、
児童37人分の作品を紛失していたことがわかった。
誤って廃棄した可能性もあるという。

この作品は17文字で気持ちを表現したもので、児童の氏名や住所、
電話番号などが書かれていた。事務所内で不要な古紙などに紛れ、
回収業者に出してしまった可能性が高いという。

【大阪府】市立小学校 教務必携を無断で持ち出し紛失

2016年10月3日、大阪府の市立小学校の教員が、
教務必携などを紛失していたことがわかった。
教務必携には、児童37人の氏名や学年、出席番号、成績などが書かれていた。

この教員は自転車で帰宅する途中、美容院に立ち寄った。
約1時間後に美容院から出ると、自転車のかごに入れていたバッグが
なくなっていることに気付いた。

バッグには、教務必携や児童の資料などが入っていた。
児童の個人情報を持ち出す際は管理職の許可が必要となっていたが、
この教員は無断で持ち出していたという。