教育の情報化、学校ICTの情報を提供するサイトです。

トップページ > 記事一覧(月別) > 2016年5月の情報セキュリティニュース

情報セキュリティニュース

【新潟県】県立高等学校 中間考査の答案1枚を紛失

2016年5月31日、新潟県の県立高等学校の教諭が、
中間考査の答案1枚を紛失していたことがわかった。

教諭は授業中に生徒たちへ答案を返却したが、その日欠席した生徒へは
後日返却することにした。2日後、生徒へ答案を返却しようとしたところ、
紛失していることに気付いたという。

【新潟県】県立高等学校 中間考査の答案、返却し忘れ紛失

2016年5月31日、新潟県の県立高等学校の教諭が、
中間考査の答案1枚を紛失していたことがわかった。

教諭は授業中に生徒たちへ答案を返却したが、
その日欠席した生徒1人に対して、返却することを忘れていた。
後日、生徒から答案の返却を求められ、紛失が発覚。
校内を探したが、見つからなかったという。

【三重県】県立高等学校 就学支援金通知2名分、別の生徒に誤配付

2016年5月30日、三重県の県立高等学校で、
就学支援金通知書の誤配付があったことがわかった。

通知書を受け取った生徒の保護者から連絡があり、誤配付が発覚した。
2名分の通知書が、別の生徒に配付されていたという。

【大阪府】府立特別支援学校 生徒の検診結果を別の生徒に誤配付

2016年5月24日、大阪府の府立特別支援学校で、
生徒6人分の眼科検診の結果が書かれた書類を
誤って別の生徒に配付していたことがわかった。
書類を受け取った保護者からの連絡により、誤配付が発覚したという。

【東京都】私立大学 ウイルス感染で学生らの個人情報流出

2016年5月23日、東京都の私立大学の事務用パソコンが
ウイルスに感染していたことがわかった。

ウイルス感染したパソコンからは、学生や保護者、教職員ら20人分の
氏名や住所、生年月日などの情報が流出したという。

【北海道】市立特別支援学校 写真データ入りタブレット端末紛失

2016年5月20日、北海道の市立特別支援学校で、
児童4人分の顔写真データが保存されたタブレット端末と
デジカメを盗まれていたことがわかった。

盗まれた機器は学校の備品で、使用後は職員室に戻すことになっていた。
最後に使用してから、教室に放置されていたとみられている。

【茨城県】県立高等学校 生徒個人情報入りUSBメモリ紛失

2016年5月20日、茨城県の県立高等学校の教諭が、
生徒789人分の個人情報を記録したUSBメモリを
盗まれていたことがわかった。

教諭はUSBメモリを自宅に持ち帰ったが、翌朝になって、
USBメモリを入れたバッグがなくなっていることに気付いた。
盗難の可能性が高いとして、警察に被害届を提出したという。

USBメモリには、卒業生を含む生徒789人分の氏名や
住所、成績、進学先、就職先などの情報が記録されていた。
データを校外へ持ち出すことは禁止されていたという。

【東京都】区立小学校 児童の連絡先記載用紙、84人分を紛失

2016年5月9日、東京都の区立小学校で、
児童の個人情報を記載した書類を
紛失していたことがわかった。

紛失した書類には、84名分の児童の氏名や電話番号、
メールアドレスなどが書かれていた。

書類は学校から教育委員会へ送付することになっていた。
期日を過ぎても教育委員会に書類が届かなかったため、
紛失が発覚したという。