教育の情報化、学校ICTの情報を提供するサイトです。

トップページ > 記事一覧(月別) > 2015年11月の情報セキュリティニュース

情報セキュリティニュース

【東京都】区立小学校 児童29人の答案用紙を紛失

2015年11月24日、東京都の区立小学校の教員が、
児童29人のテスト答案用紙を紛失していたことがわかった。

教員はテスト後、答案用紙を教室で保管していた。
後日、採点しようとして答案がなくなっていることに気付いたという。

【神奈川県】市立小学校 教務必携、児童の荷物に紛れ一時紛失

2015年11月18日、神奈川県の市立小学校の教員が、
教務必携を一時紛失していたことがわかった。

教務必携には、この教員が担任を務める学級の児童氏名や
テストの点数、評価、指導の記録などが記載されていた。
後日、教務必携は児童の荷物に紛れて、児童が自宅に
持ち帰ってしまっていたことがわかったという。

【埼玉県】市立小学校 児童の個人情報入りUSBメモリ、今年5月に紛失

2015年11月13日、埼玉県の市立小学校の教諭が、
児童81人の個人情報を記録したUSBメモリを紛失していたことがわかった。
USBメモリには、児童81人の氏名や写真データなどが保存されていたという。

紛失があったのは今年5月。教諭が校内で紛失したとみられる。
学校は、校内で子供が拾ったという内容が書かれた手紙があったと
発表している。市ではUSBメモリの使用、データの持ち出しを禁止していたが、
この教諭は家で作業することもあったため私物のUSBメモリを使っていたという。

【愛知県】県立高等学校 試験結果情報入りUSBメモリ紛失

2015年11月12日、愛知県の県立高等学校の教諭が、生徒350人の
模擬試験の結果を保存したUSBメモリを紛失していたことがわかった。
データにはパスワードが設定されていたという。

今年10月、この教諭は模擬試験の結果を元に、進路指導のための資料を
作成していた。教諭は自宅で作業するため、私物のUSBメモリに
成績データを保存し持ち帰った。後日、USBメモリがなくなっていることに
気付いたという。

この学校では、成績データを学校外に持ち出すことを一切禁止していた。

【兵庫県】市立中学校 職員室からパソコン2台盗難

2015年11月11日、兵庫県の市立中学校に何者かが侵入し、
ノートパソコン2台が盗まれていたことがわかった。

盗まれたパソコンのうち、1台は教諭の私物で、もう1台は複数の教諭が
共同で使っていた公用のものだった。教諭の私物パソコンには、
生徒278人の氏名やクラス、試験の点数などが保存されていた。

警察の調べによると、職員室の窓から何者かが侵入した跡が見つかったという。
教諭の私物パソコンは、机の上に置いたままだった。公用パソコンは、
セキュリティワイヤーなどの盗難対策がされていなかったという。

【大阪府】私立大学 非常勤講師が成績情報を含むUSBメモリ紛失

2015年11月6日、大阪府の私立大学の非常勤講師が、
学生の個人情報を記録したUSBメモリを紛失していたことがわかった。

USBメモリには、非常勤講師が担当する科目の履修者情報が保存されており、
延べ990人の氏名、学籍番号、成績などが含まれていたという。
パスワードなどは設定されていなかった。

規定では、個人情報の持ち出しは禁止されていた。
講師は大学内でUSBメモリを使用した後、紛失したという。

【山形県】県立高等学校 生徒個人情報をファクスで誤送信

2015年11月2日、山形県の県立高等学校の個人情報資料が、
ファクスで外部に誤送信されていたことがわかった。
この資料には生徒への交付金に関する内容が記載されており、
生徒3人の名前や学年、入学年度などの個人情報が含まれていた。
企業からの指摘で、誤送信が判明したという。

資料は事務職員が県教育委員会の担当者へ問い合わせる際に
利用された。委員会担当者からのメールに書かれたファクス番号が
間違っていたことから、資料の写しが外部企業に届いたという。

【神奈川県】生徒氏名記載した「マニュアル」を修学旅行先で紛失

2015年11月2日、神奈川県の県立高等学校の教員が、
修学旅行の引率中に修学旅行のマニュアルを
紛失していたことがわかった。

マニュアルには、生徒277名分の氏名や宿泊先の部屋番号、
修学旅行を引率する教員10名の氏名、携帯電話番号などが
記載されていたという。

【神奈川県】県立高等学校 教務手帳を校内で紛失

2015年11月2日、神奈川県の県立高等学校の職員が、
教務手帳を紛失していたことがわかった。
教務手帳には、182人の生徒の氏名や出欠記録、テストの素点、
評価などの情報が記載されていたという。

この教員は、職員室で授業プリントの採点作業を行い、
教務手帳に記録した。後日、教務手帳がないことに気が付き、
校内を捜索したが見つからなかったという。

【東京都】児童延べ116人の評価、私物USBメモリに保存し紛失

2015年11月2日、東京都の小学校の教諭が私物USBメモリに
児童の個人情報を保存し、紛失していたことがわかった。
USBメモリには、児童延べ116人分の通知表の評価や、
延べ32人の指導要録の所見の下書きなどが保存されていたという。

個人情報を私物のUSBメモリへ保存し、持ち出すことは禁止されていた。
校長は公費で購入したUSBメモリを使用するよう指導していたが、
教諭は私物のUSBメモリを持ち込んで使用していたという。

【東京都】生徒個人情報まとめたファイル、無断で持ち出し紛失

2015年11月2日、東京都の中学校の教諭が、生徒163人分の
個人情報資料をまとめたファイルを紛失していたことがわかった。
このファイルには、1年生生徒163人の氏名や出席番号、顔写真を
印刷した用紙のほか、教職員の連絡先が記載された用紙が入っていたという。

この学校では、個人情報を持ち出す際は校長の許可を得ることになっていた。
今年5月、教諭は校長の許可なくファイルを持ち出し、校外でファイルを紛失。
戒告処分となったという。