教育の情報化、学校ICTの情報を提供するサイトです。

トップページ > 記事一覧(月別) > 2015年9月の情報セキュリティニュース

情報セキュリティニュース

【東京都】私立大学 学生624人分の成績情報を含むUSBメモリの紛失

2015年9月30日、東京都の私立大学で、学生の個人情報を記録した
USBメモリの紛失があったことがわかった。

大学によると、このUSBメモリは同大に勤務する職員が
使用していたもので、卒業生や退学者を含む学生の氏名や学籍番号、
履修科目、成績などが記録されていたという。

職員は26日、構内を移動中に転倒してしまい、手提げ袋の中身が散乱した。
落としたものを拾い集めたが、後になってUSBメモリがなくなっている
ことに気付いた。

同大では、USBメモリはパスワード機能などが付いたものを使うよう
定められていたが、職員はセキュリティ設定を施していなかったという。

【千葉県】市立小学校 児童35人分の家庭調査票を紛失

2015年9月18日、千葉県の市立小学校で、児童35人の個人情報が記載された
家庭調査票を紛失していたことがわかった。

調査票は保護者が学校に提出する書類で、児童の氏名や生年月日、家族構成のほか、
保護者の連絡先や勤務先情報などが記載されていた。

教諭が調査票を使用しようとしたところ、担任するクラスの書類が
なくなっていることに気付いたという。

【滋賀県】県立高等学校 生徒41人の個人情報を紛失

2015年9月16日、滋賀県の県立高等学校で、教諭が生徒41人の
個人情報をまとめた書類を紛失していたことがわかった。

同校によると、紛失したのは教諭が担任するクラスの生徒個人票。
生徒の氏名や住所、電話番号、生年月日、顔写真、家族構成、
通学方法、所属する部活動や得意科目などが記載されていた。

教諭は生徒に連絡を取るために調査書を利用しようとしたところ、
調査書をまとめたファイルを紛失していることに気が付いたという。

教諭は調査票を自分の机の引き出しで保管していた。
調査票は施錠できる場所で保管することになっていたが、
教諭は机に鍵をかけ忘れることがあったという。

【千葉県】県立高等学校 生徒36人分の個人調査書を紛失

2015年9月7日、千葉県の県立高等学校の教諭が、
生徒36人分の個人情報が記載された書類を紛失していたことがわかった。

紛失した書類は、教諭が担任するクラスの生徒の個人調査書。
瀬戸の氏名や住所、生年月日、家族構成や保護者の勤務先などが書かれていた。

教諭が生徒に連絡を取るために調査書を利用しようとしたところ、
調査書をとじたファイルがなくなっていることに気付いたという。

調査書の紛失が判明したのは8月。
県教育委員会への報告が遅れたことから、同校は注意を受けたという。

【愛知県】市立中学校 職員室のパソコン5台など盗難

2015年9月5日、愛知県の市立中学校の職員室が何者かに荒らされ、
生徒の個人情報を保存したパソコンなどが盗まれていたことがわかった。

4日朝、職員が出勤すると職員室のガラスが割られ、ノートパソコン5台と
携帯電話2台が盗まれていることがわかったという。
盗まれたパソコンのうち1台には、全校生徒292人の氏名や住所、電話番号のほか、
サッカー部の部員の顔写真などが記録されていた。

市教育委員会によると、パソコン自体と個人情報が記録されたファイルそれぞれに
パスワードが設定されていたという。

【佐賀県】保育施設の園児32人の個人情報をメールで誤送信

2015年9月4日、佐賀県の市教育委員会の職員が、市内の保育施設の園児32人と
保護者の個人情報を含む電子メールを誤って外部へ送信していたことがわかった。
個人情報をメールで送信することは、市の規定で原則禁止されていたが、
職員は別の保育施設へもメールでデータを送っていたという。

職員は保育施設にメールを送る際、メールアドレスを間違えて入力し、そのまま送信。
園児32人の名前や住所、保育料の額などの情報が第3者へ流出した。
誤送信先にはデータの削除を依頼するメールを送ったが、連絡は取れていないという。

【神奈川県】児童氏名入り学級通信データ含むUSBメモリ紛失

2015年9月4日、神奈川県の市立小学校の教諭が、
児童71人の個人情報を含むUSBメモリを紛失していたことがわかった。
USBメモリは教諭の私物だった。

教諭は8月に体育館で宿泊体験学習の保護者説明会を行った。
説明会でUSBメモリを使用後、書類ファイルとまとめて舞台端に置いていたが、
会場の片付けを行った後にUSBメモリがなくなっていることに気付いたという。

USBメモリには教諭が作成した学級通信のデータが保存されており、
データからは児童のイニシャルや氏名が読み取れるという。

校内を捜索し、児童らに拾得物がなかったかの聞き取りを行ったが、
USBメモリは発見できなかったという。

【新潟県】県立中等教育学校 生徒354人の調査用紙紛失

2015年9月3日、新潟県の県立中等教育学校で、
生徒354人の個人情報を記載した書類を紛失していたことがわかった。

紛失した書類は、全校で実施した体力テストの結果を記載した調査用紙。
調査用紙には、生徒の氏名や生年月日、体格や体力テストの結果などの
個人情報が記載してあったという。

8月下旬、データの分析を依頼していた業者から、用紙が届いていないと連絡があり、
紛失が判明。用紙は施錠できる部屋で保管することになっていたが見当たらず、
配送の記録も確認できていないという。

【京都府】市営保育所 0歳児14人の写真入りデジカメ紛失

2015年9月2日、京都府の市営保育所で、0歳児14人の写真データを
保存したSDカードとデジタルカメラを紛失していたことがわかった。

市によると、カメラは8月10日、0歳児のプールの様子を撮影するために
保育士が使用。その後、保育士は保育所内の靴箱にカメラを置き忘れ、
気付いたときにはなくなっていたという。

カメラとSDカードには、保育所の行事などで撮影した
約1,000枚の写真データが保存されていた。
保育所は、警察に遺失物届けを提出しているという。