教育の情報化、学校ICTの情報を提供するサイトです。

トップページ > 記事一覧(月別) > 2013年6月の情報セキュリティニュース

情報セキュリティニュース

【広島県】県立高等学校、Webの誤掲示による90件の個人情報漏えい

2013年6月28日、
広島県の県立高等学校で、Webの誤掲示による90件の個人情報の漏えいがあったことがわかった。
教諭が今年度のオープンスクール申し込み用に参加者一覧表ファイルを
ホームページに掲載する際、誤って過去の参加者一覧表も掲載していたという。

誤って掲載されたのは6年前のオープンスクールの参加者一覧表。
参加した当時の中学生の名前や所属中学校名、校内見学希望の有無のほか、
一部生徒の保護者名が掲載されていたという。

【神奈川県】市立中学校、USBメモリの紛失による41件の個人情報漏えい

2013年6月18日、
神奈川県の市立中学校で、USBメモリの紛失による41件の個人情報の漏えいがあったことがわかった。
教諭がUSBメモリを使おうとしたところ、USBメモリが
なくなっていることに気付き、紛失が発覚した。
5月末に校内でUSBメモリを使用したが、それ以降の所在がわからないという。

紛失したUSBメモリには、学級通信のデータが保存されており、
教諭の担任クラスの生徒氏名が記録されていたという。

【愛知県】国立大学、パソコンの置き忘れによる499件の個人情報漏えい

2013年6月14日、
愛知県の国立大学で、パソコンの置き忘れによる延べ499件の個人情報の漏えいがあったことがわかった。
フランスに出張していた准教授が、市内の路線バスを利用した際、
パソコンが入ったカバンをバスに置き忘れ、紛失した。

紛失したパソコンには、2010~13年度に担当した学部生の名前や、
学生番号が書かれたファイルのほか、2009~12年度に卒業した学部生の名前、
進路状況などが書かれたファイルが保存されていたという。

【広島県】市立小学校、書類の紛失による延べ28件の個人情報漏えい

2013年6月14日、
広島県の市立小学校で、書類の紛失による延べ28件の個人情報の漏えいがあったことがわかった。
教諭が過去3年間、担当をしていたクラスの児童延べ28人が受けたテスト答案用紙910を紛失。そのほか、テスト答案用紙20枚をシュレッダーで処分し、312枚を自宅などに放置していたという。

今年4月、保護者から学校に「テストが返されていない」と連絡が入り、紛失が発覚。
教諭は「テスト解答用紙が溜まってきてたまってきて、返さなくてもいいと思うようになった」と話しているという。

【富山県】市立中学校、書類の紛失による298件の個人情報漏えい

2013年6月14日、
富山県の市立中学校で、書類の紛失による298件の個人情報の漏えいがあったことがわかった。
教諭が生徒の宿泊学習の引率中に、宿泊学習の教師用のしおりを紛失した。

しおりには、生徒の名前や引率教員の携帯電話番号のほか、
車酔い、食物アレルギーなど、生徒の健康に関するメモが書かれていた。

宿泊学習を終え、学校に帰ってから紛失が発覚。
宿泊場所などに問い合わせたが見つからなかったという。

【愛知県】市立小学校、書類の紛失による26件の個人情報漏えい

2013年6月14日、
愛知県の市立小学校で、書類の紛失による26件の個人情報の漏えいがあったことがわかった。
教諭が6年生全員分の算数のテスト答案用紙を紛失した。

市教委によると、教諭が答案用紙を教室の教師用机の上に置いたまま、
交通安全指導のため生徒を引率して校庭に出た。
次の体育の授業後、教室に戻ると答案用紙がなくなっていたという。

【広島県】県立特別支援学校、紛失による9件の個人情報漏えい

2013年6月13日、
広島県の県立特別支援学校で、紛失による9件の個人情報の漏えいがあったことがわかった。
教諭がデジタルカメラに使用していたSDカードを紛失。
SDカードには、児童・生徒の顔がわかる写真データが入っていた可能性があるという。

5月に行われた運動会の予行演習で、教諭が備品のデジタルカメラを使って撮影。
後日、返却したデジタルカメラに別のSDカードが入っていることに気付き、
紛失が発覚したという。

【香川県】市立小学校、USBメモリの紛失による318件の個人情報漏えい

2013年6月11日、
香川県の市立小学校で、USBメモリの紛失による318件の個人情報の漏えいがあったことがわかった。
教諭が全校児童の名前などの個人情報が入ったUSBメモリを紛失。
USBメモリには、児童の氏名、生年月日、健康面の配慮事項などが記録されていた。

教諭は出勤後、職員室の共用パソコンにUSBメモリを接続し、校務書類を作成していた。
途中、USBメモリを接続したまま席を離れ、他の作業に移ったが、
その後席に戻るとUSBメモリがなくなっていることに気付いたという。

その場にいた教職員らで職員室内を探したが、見つからず、
警察に遺失物届けを提出。USBメモリは教諭の私物だったという。

【東京都】私立大学、パソコンの盗難による約200件の個人情報漏えい

2013年6月7日、
東京都の私立大学で、パソコンの盗難による約200件の個人情報の漏えいがあったことがわかった。
教授が都内の飲食店でノートパソコンが入ったバッグを盗まれた。

パソコンには、この教授の研究室の学生や卒業生の名前、
メールアドレス、電話番号などが保存されていたという。

【埼玉県】市立小学校、原因不明の事故による93件の個人情報漏えい

2013年6月5日、
埼玉県の市立小学校で、原因不明の事故による93件の個人情報の漏えいがあったことがわかった。
児童の成績などの個人情報が外部に流出していたという。

流出が発覚した情報は、児童の成績や卒業・進級査定資料、通知表所見、
個人が特定できる写真のほか、修学旅行時に配慮すべき個人情報など。
同校の教諭が過去5年間担任していたクラス情報の一部とみられている。

市教委によると、5月24日、匿名の情報提供により、個人情報の流出が発覚。
児童の個人情報が記載された印刷物が届けられた。
調査によると、同校の教諭が所持していた印刷資料とUSBメモリのデータの
一部だと判明した。

流出経路は現在のところ不明だという。