教育の情報化、学校ICTの情報を提供するサイトです。

トップページ > 記事一覧(月別) > 2012年01月の情報セキュリティニュース

情報セキュリティニュース

【静岡県】市立保育園、紛失による個人情報漏えい

2012年1月23日、
静岡県の市立保育園で、紛失による個人情報の漏えいがあったことがわかった。

紛失したのは、園児を撮影したデータが保存されたSDカード。
乳児クラスの行事や生活の様子などを撮影した約300枚分の写真データが
保存されていたという。

昨年10月20日に保育士がSDカードを園内のロッカーの上に置いたが、
11月8日になってなくなっていることがわかったという。

【東京都】私立大学、Webの設定ミスによる6172件の個人情報漏えい

2012年1月23日、
東京都の私立大学で、Webの設定ミスによる6172件の個人情報の漏えいがあったことがわかった。

学生の名前や住所、成績などを記録したファイルが一時インターネット上に流出した。
5日に大学院生が発見し、大学に通報したことで発覚した。

大学の発表によると、准教授が昨年5月ごろ、自身の研究室で運用するサーバーに
ファイルを登録。
非公開に設定したつもりでいたが、誤って誰でも閲覧できる状態にしてしまったという。

ファイルは昨年12月26日から1月6日までの12日間、検索エンジンから検索可能
な状態となっており、期間中計102回閲覧されていた。

【福岡県】市立大学、不正アクセスによる260件の個人情報漏えい

2012年1月12日、
福岡県の市立大学で、不正アクセスによる260件の個人情報の漏えいがあったことがわかった。

大学のサーバが海外からサイバー攻撃を受け、学生の名前、
学籍番号や電子メールアドレスなどの個人情報が流出した。

大学が不自然なデータ通信が行われていることに気付いて調査したところ、
不正アクセスがあり、ドイツへ計15ギガ・バイトのデータが送信されていた
ことが判明した。
サーバに異常を引き起こして内部に侵入する「SQLインジェクション」
と呼ばれる攻撃を受けたとみられる。

【静岡県】市立小学校、USBメモリの盗難による28件の個人情報漏えい

2012年1月7日、
静岡県の市立小学校で、USBメモリの盗難による28件の個人情報の漏えいがあったことがわかった。

教諭が車上荒らしの被害に遭い、担任する児童のテストの答案や通信表などが
保存されたUSBメモリ入りのバッグを盗まれた。その後、バッグは、中身がそのままで
市内に捨てられているのが見つかった。

教諭は6日午後、保育園の駐車場に駐車中、車の窓ガラスを割られ、
車内に置いていたバッグを盗まれた。中に貴重品は入れていなかったという。

個人情報の入ったものを校外に持ち出す際は校長の許可が必要だったが、
教諭は、許可を得ていなかったという。