教育の情報化、学校ICTの情報を提供するサイトです。

トップページ > 記事一覧(月別) > 2011年6月の情報セキュリティニュース

情報セキュリティニュース

【大阪府】市立小学校、書類の紛失による31件の個人情報漏えい

2011年6月30日、大阪府の市立小学校で、書類の紛失による31件の個人情報の漏えいがあったことがわかった。

市教育委員会は、同小学校に勤める教諭がバイクで帰宅中に、個人情報を含むバックを落したと発表した。
バックの中には、教諭が担任するクラスの国語のテスト答案などが入っていたという。

市教育委員会は、生徒の個人情報に関する文書などを校外に持ち出すことは禁止していた。

【東京都】都教育委員会、誤操作による96件の個人情報漏えい

2011年6月27日、東京都の都教育委員会で、誤操作による96件の個人情報の漏えいがあったことがわかった。

都教育委員会がメールマガジンを一斉送信する際、誤って送信先のメールアドレスが閲覧できる状態で
配信していた。メールマガジンは都内の学校関係者へ向けてのものだったという。

通常は配信希望者のメールアドレスが見えないように配信していたが、操作を誤ったという。

【群馬県】県立養護学校、USBメモリの紛失による31件の個人情報漏えい

2011年6月22日、群馬県の県立養護学校で、USBメモリの紛失による31件の個人情報の漏えいがあったことがわかった。

県教育委員会は21日、県立養護学校の高等部の教諭が、生徒の個人情報を含む私有のUSBメモリを 紛失したと発表した。

USBメモリには、生徒1名の氏名や住所、障害が記載された指導資料、その他在校生・卒業生30人分の 氏名が記録さていた。

教諭は職員室のパソコンでUSBメモリを使用後、帰宅し、翌日紛失に気付いたという。

【神奈川県】市立中学校、USBメモリの紛失による496件の個人情報漏えい

2011年6月20日、 神奈川県の市立中学校で、USBメモリの紛失による496件の個人情報の漏えいがあったことがわかった。

紛失したUSBメモリは同中学校教諭の私物で、中には、生徒の名簿、評価資料や座席表などが保存されていた。

6月10日、職員室の共有のパソコンに接続されていたUSBメモリをほかの教諭が抜き、持ち主の教諭の机の上に置いた。その後紛失が判明したという。

【群馬県】市立小学校、USBメモリの紛失による88件の個人情報漏えい

2011年6月14日、群馬県の市立小学校で、USBメモリの紛失による88件の個人情報の漏えいがあったことがわかった。

市教育委員会は14日、同小学校の教諭が、USBメモリ3本を紛失したと発表した。

USBメモリには教諭が過去に担任をしていた児童の成績一覧表に加え、
今年度のPTA役員の個人情報などが記録されていた。

1本は、先月31日、教室のテレビモニターに差したまま放置し、紛失した。
残りの2本は、今月6日に、教室の自身の筆箱からなくなっているのに気付いたという。

【大阪府】私立中学校、USBメモリの紛失による1800件の個人情報漏えい

2011年6月13日、大阪府の私立中学校で、USBメモリの紛失による1800件の個人情報の漏えいがあったことがわかった。

同中学校校長は13日、教諭が在校生や卒業生約1800人分の成績や住所、電話番号などの
個人情報が入ったUSBメモリを紛失したことを発表した。

教諭は日常的に職員室で私物のUSBを利用しており、先月31日の体育大会の予行練習の日の
昼休みに紛失に気がついた。USBメモリには教諭が担当した1999年度以降のテスト結果や、
クラスの連絡網などが入っていたという。

【鳥取県】国立中学校、USBメモリの盗難による465件の個人情報漏えい

2011年6月13日、鳥取県の国立中学校で、USBメモリの盗難による465件の個人情報の漏えいがあったことがわかった。

同中学校は13日、教諭が車上あらしの被害に遭い、私用パソコンとUSBメモリを盗まれたと発表した。

私用パソコンには全校生徒の氏名や住所、保護者の連絡先、USBメモリには生徒の成績などが入っていたという。
パソコンやUSBメモリに加え、預金通帳やカメラを盗まれた。

同中学校では、私用パソコンに生徒の個人情報を取り込むことなどを禁止している。

【福島県】市立中学校、書類の盗難による約200件の個人情報漏えい

2011年6月11日、福島県の市立中学校で、書類の盗難による約200件の個人情報の漏えいがあったことがわかった。

市教育委員会は同中学校の教諭が、車上荒らしに遭い、生徒と教職員の氏名、住所、
電話連絡先などが記された名簿が入ったバックを盗まれたと発表した。

発表によると、車上荒らしに遭ったのは、路上に車を停めた数分間で、車に鍵はかけず、
エンジンをかけたままだったという。

名簿は自宅保管用で、持ち歩きは禁じられていたが、東日本大震災の発生後は生徒の
安否確認などのために、携行が黙認されていたという。