教育の情報化、学校ICTの情報を提供するサイトです。

トップページ > 学校ICTコラム > 普通教室における無線LAN整備

学校ICTを学ぼう!教育の現場で役立つ学校ICT情報

学校ICTコラム

テーマ:「普通教室における無線LAN整備」

タブレット端末の利用に必要な無線LAN整備

タブレット端末の利用に必要な無線LAN整備。アクティブ・ラーニングができる環境整備に欠かせない。タブレット端末を利用するときには、無線LANの整備が欠かせません。しかし、無線LANに関する、さまざまなトラブルが発生しているという学校現場の声もお聞きします。

今回は、学校における無線LAN整備の現状と検討時に使えるチェックリストを作成しました。ぜひご活用ください。

 

普通教室における無線LAN整備の現状

普通教室における無線LAN整備の現状

文部科学省の調査によると、全国の普通教室の無線LANの整備率は、平成26年3月時点で21.2%となりました。

右グラフのように、急速に整備を進めていかないと目標達成は難しい現状にあります。

 

 

無線LANの整備で、こんな心配はありませんか。

無線アクセスポイントはどこに設置しよう?普通教室以外にも設置したほうがいい?保守やサポートは必要かな。

では、無線LAN整備を検討する際、どんなことに気をつければよいのでしょうか。  

無線LAN整備のチェックリスト

無線LAN整備のときに活用できるチェックリストです。
まずは、以下の5つのポイントから考えてみてはいかがでしょうか。

無線LAN整備のチェックリスト

無線LANを安定的に利用するために、ポイントを絞って検討していくことが大切です。

こちらの記事を、保存・印刷に便利なPDFファイルで配布しております。

JMC通信 2016年3月発行

(閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。ダウンロードはこちら