教育の情報化、学校ICTの情報を提供するサイトです。

トップページ > 学校ICTコラム > 校務支援システム

学校ICTを学ぼう!教育の現場で役立つ学校ICT情報

学校ICTコラム

テーマ:校務支援システム

校務の情報化に効果的な校務支援システム

校務支援システムについて

そこで今回は、「校務支援システム」とはどのようなものか、その特長、活用例や導入効果についてご紹介します。

参考:教育の情報化ビジョンより

学校における校務の情報化は、教職員等学校関係者が必要な情報を共有することによりきめ細やかな指導を可能とするとともに、校務の負担軽減を図り、教員が子どもたちと向き合う時間や教員同士が相互に授業展開等を吟味し合う時間を増加させ、ひいては、教育の質の向上と学校経営の改善に資するものである。

校務支援システムの特長

教職員間の情報共有

スケジュールや掲示板、共有キャビネット等の機能を利用することで、校内だけでなく、学校間、教育委員会と学校との情報のやり取りが可能になります。それによって、教職員間の情報の伝達やコミュニケーションの促進につながります。

家庭や地域への情報発信

学校ウェブサイトからの情報発信を行うことで、保護者や地域住民の学校への理解を深めることができます。CMSなどを利用することで、情報発信を容易にし、より効果的に地域への理解を促進します。

校務文書

通知表、指導要録の作成等の成績処理や、学籍、出席管理などをアプリケーション上で行うことで、作業ミスの軽減、情報の二次利用、転記作業の簡易化によって校務の効率化、時間削減を望めます。

服務・施設管理など

休暇・出張などの教職員の服務について、電子申請と電子決裁を行うことができます。施設や備品の予約などをシステム上で行うことができます。

校務支援システムの活用例


校務支援システム

校務支援システムを有効に活用するための教育専用クラウド

お問い合わせはこちら

お電話またはWebフォームから、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ042-768-3330Webからのお問い合わせはこちら

こちらの記事を、保存・印刷に便利なPDFファイルで配布しております。

校務支援システム

(閲覧にはAdobe Reader (無償)が必要です。ダウンロードはこちら